2011年05月07日

日本からお客が来ると。。。

子連れでイギリス留学記、日本から妹とその友達が遊びにやってきたときの続きのおはなし。

妹のメインの目的は長男ケロロの学校でのビッグイベント、体育会を見ること。
olympic.jpg

そして世界遺産のストーンヘンジを見ること。
stonehenge2.jpg

我が家から車で2時間半ほどのところでしたから、車で連れていきました。
ドライブ中、突如として現れるストーンヘンジ
↓↓
stonehenge.jpg

ケロロが学校で作った木工細工や粘土の作品(ペンギンです^^)を見て「上手〜」とほめてもらったり。。
woodwork.jpg

最後の夜にはちょっぴりしんみりしてしまいましたけど。。
athome.jpg

素敵な夏の数日間でした。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
にほんブログ村







posted by きゃろ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス生活子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

イギリスの小学校の英語の授業

子連れでイギリス留学体験記

今日は子どもたちが通った
イギリスの公立小学校のおはなし

最初に通った学校は村の公立小学校

公立の小学校のことは
ステイツスクールというんだす。

1クラス20〜25人前後で1学年1クラスのこじんまりした学校でした。

長男ケロロのクラス
IMG_3098.JPG
これは担任の先生が写真を撮ってくれたもの。

なんて書いてあるかというと
「This is everyone in my class.」

こちらは当時イギリスでも流行っていた
ポケモンカードを交換しているところ
IMG_3097.JPG

英語はしゃべれなくてもポケモンは世界共通でした。

「We play with our Poke Mon cards. Mine are from Japan.」

「僕のポケモンカードは日本語だから、レアなんだよ!」
とは当時8歳のケロロ君談


そしてこの時次男ぴょん吉はというと。。

日本では1年生なのだけど、イギリスでは5歳から小学校に入るので

2年生に入っていました。

彼にとっては、先生が言っていることがわからなくて辛い日々。。

結局、半年後に私立校に移ることにしましたんですけどね。

でもそれはまた別のおはなし。


イギリスの小学校の国語(英語)のテキストは
絵本みたいでわかりやすい。

イギリスの子どもたちの学校生活や家族のことなど
わかりやすい英語で書かれているので

とっても興味深い。

あ、英語ではこんな風に言うんだ〜。

と、とってもためになります。


種類がたくさんあって、初級レベルから
ちょっとしたストーリーになっているものもあります。

担任の先生から
「家で一緒に読んでください」
と言われて、いつも学校から借りてきていました。


その絵本のようなテキストを日本で発見!

いちばんやさしいバージョンです。

こちらはちょっと進んだステージ2

私が見かけたのはステージ7くらいまで。
でももっとたくさんあると思います。

(アマゾンで買うと6冊セットになっているようです)


そしてこれは、そのイギリスの小学校テキストを使って
親子で英語を学んじゃおうという本。


ケロロもぴょん吉もこれを見て

「わぁ〜、なつかしい〜」
と言っておりました。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
にほんブログ村








posted by きゃろ at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イギリス生活子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

5月のお祭り

イギリス子連れ留学

今日は子どもたちの学校編

メイフェア―フェスティバルというのですが
5月のお祭りのこと。

全校生徒が集まって
各学年出し物をしたり

メイポールダンスを踊ったりしていました。

もうすぐ夏がやってくると思うとなんだかウキウキします。

DSCF0031.JPG
親や地域の人たちも
フェスティバルを見にきていました。

DSCF0032.JPG
これはかけっこではなく(^^)
出し物が終わって校舎に戻る次男ぴょん吉。

長男けろろのクラス(4年)は
smuggler(密輸業者)の短い劇(のようなもの)
をやりました。
DSCF0033.JPG

イギリス南部の海岸であった
歴史上のお話だったようです。


ポチと一つよろしゅうに↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
にほんブログ村



posted by きゃろ at 11:18| Comment(3) | TrackBack(0) | イギリス生活子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

イギリスは4月になっても雪が降る(?)

子連れ留学も1年目だったか2年目だったかの

イースターに降った雪のおはなし。

イギリスは4月のイースターの時期でも
こんなに積もることがあるんです。
IMG_1150.jpg
びっくりですよね。

でも不思議と雪の中を歩くと
風邪は全くなくて、とても静か。
IMG_1147.jpg
きっと寒いだろうと厚着をして出かけたのに
それほど寒くはありませんでした。

窓の外に積もった雪の上に
キャンドルを飾れば
IMG_1137.jpg
ほらこんなに素敵。

外では次男ぴょん吉が
やっぱり雪だるまを作っていました。
IMG_1129.jpg

子どもは風の子だからね。
雪がたくさん降るのはうれしいらしい。
キミたちは寒〜いイギリスでもへっちゃらなんだね。

ハハは長時間外にいると
冷えきるので
IMG_1117.jpg
家の中でアップルパイでも焼いて
キミたちの帰りを
待ってるよ。


ぽち↓してね。
人気ブログランキングへ

posted by きゃろ at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス生活子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

イースターホリデー

子連れで海外生活をおくっていて思うのは

やっぱ春休み夏休み冬休みの長さ!

子連れ留学では
親と子の学校の休みの長さにギャップがあると
結構負担ですね。

日本と違ってベビーシッターさんを頼まなければならないので。。。

3月から4月にかけては
イースターホリデーがやってきます。

イースターホリデーはその年によって
始まる日は変わっていたような気がしますが
(要するに覚えていないたらーっ(汗)

だいたい2〜3週間くらいのお休み。

ある年のイースターホリデーの1日です。

イギリスでは毎年4月になっても必ず1回は
雪が降っていました。
IMG_0400.jpg

わんさか降っても2日もたてば、こんな感じに。。。
IMG_0419.JPG

雪!といえば、さっそく外に飛び出して
何やら始める子供たち。
IMG_0453.jpg

ううむ。
形やデザインはとやかく言いますまい。
IMG_0459.jpg

感性
いや、完成であります。
IMG_0457.jpg

ぽちっと応援よろしく↓
人気ブログランキングへ






posted by きゃろ at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | イギリス生活子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

親子留学で思ったこと

親子留学して数か月もたつと
イギリスの学校にも慣れてきた。

近所の子たちと庭にテーブルを出して
遊んだりすることも多くなりました。

次男ぴょん吉は折り紙が得意。

結構みんな興味持ってるのね
ORIGAMI。


初めは子どもの学校のこと、自分の学校のこと
日本との違いに
そりゃ、何かと落ち着かなかったけれど

それなりに落ち着いてくるもの。


休日には気分転換に海へ。

子どもたちも
きっといろいろ落ち着かないだろうと

よく気分転換にあちこち
出かけていました。


車で1時間ほどドライブすると
イギリス屈指のリゾート地
ブライトンがあります。

ローラースケート。
日本では、やったことなかったけれど
長男ケロロはすぐ上手に。。。


私はなんにもしないで
海でぼ〜っと1日を過ごす。
PHOTO006.JPG

日本であくせく働いていたのがうそみたい。

こんな風にゆったり暮らしている人たちが
世の中に入るんだ〜。


知らなかったよ。


まわりを歩いている人たちを見て
いちいち感心する。


こういう生き方をしてもいいんだ〜。


子どもたちを見ながら
そんなことをぼんやり考えていました。




人気ブログランキングへぽちっと応援どうぞよろしく。







posted by きゃろ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス生活子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

ロンドンおすすめ子連れスポットその他

親子留学でイギリスに着いて2か月後くらいの写真。

言葉がまだよくできなかった長男8歳。
ローラーホッケーをしてました↓

スポーツならば言葉はあまりできなくてもできるよ。
(言葉ができるにこしたことはないけど)



これはロンドンの自然史博物館。
写真の撮り方が
超まずくてごめん。
PHOTO016.JPG

建物自体も何か歴史を感じさせてくれる。

クラスメイトが
「子どもたちが喜ぶよ」
って教えてくれたので

こんな博物館は日本じゃ
めったにないぞと
でかけました。

大人が見ても
見ごたえ抜群!

ロンドンに子連れで行かれるならば
要チェックです。

ロンドンの美術館や博物館は
入場無料のところが多く

長期休暇中ならば
子ども向けの
いろいろな催しがあって
面白いです。


とにかく行った頃は
もし子連れ留学、うまくいかなかったら
帰ろう。

子どもたちがうまくなじめなかったら
帰ればいい。

そう思っていました。

でもところが。。。


4年もいることになってしまったのよね。


これは小学校の校庭でイベント。


女の子のフェイスペイントが
迫力ある〜。

こっちの子どもたちはよく
コスチュームを着たり

顔にペイントしたりするのね。

サッカーの応援とかでも
フェイスペイントは
よく見かけますよね。

うちの長男ケロロ君に
いろいろと優しくしてくれた

フレディ君、どうしているかなぁ?



こちらは次男ぴょん吉の友達ね。


いやぁ〜
イギリス人だねぇ。

彼らは今どんなボーイズになっているのかしら。。。




人気ブログランキングへぽちっと応援してね。



posted by きゃろ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス生活子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ワールドワイドキッズ 無料おためし教材プレゼント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。