2011年05月05日

私たちが住んでいたところ

子連れでロンドン♪記事の続き。

ロンドンからまた電車で1時間、そこから車で約5分で、我が家に到着。

こういう町、というか村です。結構カントリーサイドですよね。
IMG_1156.jpg

近くには農場もたくさんありましたし、「くまのプーさん」で有名なアッシュダウンの森もありましたです。とにかく緑が多い美しいところでした。
IMG_2707.jpg

こんな感じのプレイグラウンド(公園)があって。。。
IMG_2705.jpg

そして一緒に遊びに来た妹のご友人は、せっかくイギリスに来たのだし、我が家は狭いから、B&Bも経験してもらおうと、近所にあるB&Bに泊まっていただくことに。
IMG_2696.jpg

B&Bは、ベッドアンドブレックファーストの略(言わなくてもわかるか)。ま、いわゆる民宿とか、ペンションといった感じ。
IMG_2699.jpg

こじんまりしていたけど、結構素敵なところだったのよ。
IMG 2700.jpg

オーナーさんは、空いている1部屋を改造してきれいにし、B&Bとして貸しているのだそう。トイレシャワールーム付き1泊確か(例によってあいまいな記憶ですのでご了承を)30ポンド(4500円くらい)だったと思います。

もちろん朝食込のお値段です。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
にほんブログ村




















posted by きゃろ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

ブリティッシュワイルドライフセンター

子連れ留学1年目の春

ブリティッシュワイルドライフセンター
というところへ行ったおはなし。

私たちが住んでいたのは
アッシュダウンの森という
「くまのプーさん」で有名な場所の近く。

まわりには森や小さな池、小川などがあって
子育てにはもってこいの場所。

なんせハハ(私)は自分の授業の宿題や論文書きで忙しい。

子どもたちを自宅の裏にある森に放てばよし。

疲れた頭の気分転換に子どもたちと
森を歩けば、自然が癒してくれるというわけ。

前置きが長いですが
ワイルドライフセンターでしたね。
PHOTO006.jpg

普通の動物園とはちょっと違い、
この地域に住む野生の動物を見せてくれるところ。

PHOTO001.jpg

次男ぴょん吉もまだ幼いですな。
PHOTO003.jpg

お食事中ですか?え?あ、あのもしや。。。
PHOTO004.jpg
食べていらっしゃるそれはもしや、ひよこ(!!)

まさにワイルド!

こんな風にフクロウさんだって触れちゃいます。
PHOTO014.jpg
触っているのは長男ケロロ。



応援ぽちっとよろしくね。
人気ブログランキングへ


posted by きゃろ at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

アートカレッジ

イギリスのアートカレッジ。

私が通ったイギリスの
美術学校をご紹介します。

アートセラピーなるものを
勉強しておりました。

「くまのプーさん」で有名な
アッシュダウンの森の近くにあります。
RIMG0071.JPG

こちらは中庭
RIMG0132.JPG

これは寮の部屋からの眺め
PHOTO021.JPG

夏はほんとにさわやかで
いいところです
(冬は死ぬほど寒いけど)

校庭にはシンボルのように
大きなオークの木がありました。
RIMG0024.JPG

ここは図書室兼コンピューター室
RIMG0067.JPG
暖かくって
ついつい居眠りしてしまいそうな部屋でした。

再び校庭。右端に見えているピンクの建物は
ドミトリー(寮)です。
PHOTO027.JPG

ここで夜みんなで集まってキャンプファイヤーをしたり

息子たちと夜中に毛布を敷いて寝っころがり
流星群を眺めたりしました。

ほんとに宝石のような時間だったなぁ。


人気ブログランキングへぽちっと応援してね



posted by きゃろ at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | イギリス南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

シャガールのステンドグラス

友人が、
車で40分くらいのところに

シャガールの
ステンドグラスがある
教会があるよ

と教えてくれたので
行ってみることにしました。

PHOTO019.JPG

PHOTO020.JPG

シャガールは晩年
ステンドグラス制作に
没頭していたらしいですが

こんなところで見られるとは。。。
PHOTO021.JPG

ちなみに
昼間、外からこの窓を見ても

真っ黒で何も見えないんです。

中に入ると
光が透けて
色が浮かび上がります。

PHOTO023.JPG

夜、行ったことないのだけれど
夜だと
外から見ると
中の光が透けて

きれいだろうなぁ。
タグ:シャガール
posted by きゃろ at 21:54| Comment(0) | イギリス南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

こんな家に住めたらな

イギリスの家にはこういう大きな窓の
サンルームのような部屋が
ついていることがあります。
PHOTO006.JPG

素敵ですよね。

残念ながら私が住んでいたのは
アパートだったので

そんな部屋はなく。。。

たま〜に泊まる
B&Bで、そういうお部屋を見つけたならば
PHOTO041.JPG

ず〜っとそこにいたくなるのです。

こんなダイニングキッチンも
PHOTO040.JPG

いいよねぇ〜。
(B&Bです)

庭はこんな感じ
PHOTO039.JPG
(B&Bですわーい(嬉しい顔)

ここはまた違う場所ですが。。
PHOTO020.JPG


そして近くに海とかあると
最高っす。
PHOTO021.JPG

でもこの海はちょっと冷たそう。
実際冷たかったです。
8月だったのに。。。

(イギリスの南西部、
ウェールズの海岸です)
posted by きゃろ at 21:54| Comment(0) | イギリス南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

ウェールズ

訪れたのは
7月だったか8月だったか

イギリスにはこういうお庭が
いたるところにあります
PHOTO016.JPG

PHOTO015.JPG

まるでモネの『睡蓮』のような池
PHOTO020.JPG

花は真っ盛りというわけでは
なかったけれど
PHOTO025.JPG

PHOTO026.JPG

それでも
イングリッシュガーデンを
満喫できた1日でした。
posted by きゃろ at 21:16| Comment(0) | イギリス南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

彫刻家のアトリエ

私が住んでいた村に

彫刻や粘土で作品を作るアトリエがありました。
アトリエというのはヘンですね。

英語ではスタジオと言います。
PHOTO008.JPG

中をちょっと覗いてみましょうPHOTO009.JPG

創作意欲がわきますね

というわけで私も作ってみました。
PHOTO005.jpg

たまごです。

卵って、生命の源ですからね。
すべてのものを含んでいて

何にでもなれるっていう
可能性を秘めたものなんですね。

あ、ちょっとまじめになってしまいました。

このブログはかる〜く
というコンセプトなので

かる~く流したいと思います。

PHOTO014.JPG

お庭も素敵でした♪
posted by きゃろ at 20:54| Comment(0) | イギリス南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ワールドワイドキッズ 無料おためし教材プレゼント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。